サラリーマンやOLの方におすすめの投資方法

富裕層だけのものではない

もっと収入を高めたい、豊かな老後のために資産形成をしたいと考えている方は、賃貸物件を保有してみてはいかがでしょうか。不動産投資は、富裕層だけが行うものではありません。年収300万円でも賃貸物件を保有し、不動産投資を行うことは可能です。安定した家賃収入を得られる不動産投資を行うことで、副収入を確実に手にできます。また、資産形成をし、老後に備えることもできます。一般的なサラリーマンやOLの方も不動産投資を始めており、今や不動産投資は大きな注目を集めています。

融資が受けやすいメリット

サラリーマンやOLの方が不動産投資を行うのには、2つのメリットがあります。1つ目のメリットは、金融機関から融資を受けやすいことです。不動産投資は数ある投資方法の中で、唯一投資対象を担保にできる特徴があります。自己資金より多い資金で投資を行えるため、レバレッジ効果を得ることが可能です。安定した収入がある場合には融資を受けやすく、多額の自己資金を用意する必要はありません。返済は家賃収入の中から支払うため、安心して借入が行えるのも魅力です。

本業が全く疎かにならない

2つ目のメリットが、本業が疎かにならないことです。賃貸物件の管理は、管理会社に全て委託できます。入居者の募集や契約、清掃、修繕工事などに煩わされることはありません。入居者トラブルにも管理会社は対応するほか、家賃滞納への督促も行ってくれます。本業を疎かにする恐れが全くないため、副業に非常に適しているのです。また、節税効果により本業からの収入を高めることができるのも、不動産投資ならではのメリットです。

札幌市東区の賃貸マンションに実際に住んでいて転職などで収入が減って家賃が払えなくなったとしても違う賃貸マンションに住み替えれば解決できます。